– 自分と自分の宇宙は無い – 科学誌「Nature」で発表された量子力学の実験結果が示す革命的な世界観





この話は全くでたらめです。量子力学自体、解釈であって、法則ではありません。実験結果がそうなるからと言って、その結果が正しいとは限らないことは科学史の中では沢山あります。

天動説は妄想ではなく、観察結果から導き出されたもので、そのため長く信じられていたのです。

観察者がいてもいなくても、今のまま宇宙は存在します。
この動画を見てるとそうなのかなと思うでしょうが、本当はまったくでたらめです。

動画説明欄より
オーストラリア国立大学の研究所が発表した、量子論の奇妙な性質についての論文が、2015年5月25日付けで、世界的な科学誌「Nature」に掲載されました。
この論文に書かれている、物理学の専門的な理論や概念は非常に難しく感じますが、実験に当たった教授の言葉が量子世界の本質をシンプルに表現しています。

「観測が全てであることを証明している。量子のレベルでは、あなたが観ていないのならば現実は存在しない。」

本動画では、NRグループの観術講師、内海昭徳が、「量子絡み合い」「ベルの定義」「虚数時間」「11次元の宇宙」「M理論」などの西洋科学のキーワードと、
「般若心経」「老子」「和光同塵」「道(タオ)」「諸行無常」「諸行無我」などの東洋思想のキーワードを織り交ぜながら、「自分と自分の宇宙は無い」とはどういうことなのか?を解説していきます。

特設ページ:「無」を活用した人材がAI時代の次を牽引していく
http://special.nr-grp.net/

NR JAPANのホームページ
http://www.nr-japan.co.jp

観術総合研究所 内海昭徳のblog
http://blog.kanjutsu.net/

観術創始者Noh Jesu新刊「宇宙一美しい奇跡の数式」
http://urx.blue/Azng

2017年2月26日 「JAPAN MISSION PROJECT」 第14弾 福岡
ご参加のお申込みはこちらから
http://project.japanmission.jp/event/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です